富士フォトギャラリー銀座 過去の写真展

富士フォトギャラリー銀座で開催した過去の写真展の情報をご案内します。
なお開催中の写真展、これから開催する写真展の情報はこちらでご覧になれます。
富士フォトギャラリー銀座 展示スケジュール

2020年 12月

12月25日(金)~12月28日(月)

第8回ふるさとお国自慢フォトコンテスト
  • スペース1
  • スペース2

第8回ふるさとお国自慢フォトコンテスト

主催者 : 全日本写真材料商組合連合会 関東甲信越静地区連盟 コンテスト応募作品3,535点の中から関東甲信越静,1都10県(東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡・茨城・新潟・長野・栃木・群馬・山梨)の魅力ある風景・スナップを中心に入賞作品150点を展示。

12月18日(金)~12月24日(木)

金子美智子写真展(リバイバル)  『秘色 ひいろ』日本の美風景
  • スペース1

金子美智子写真展(リバイバル) 『秘色 ひいろ』日本の美風景

四季の移り変わりの中で撮影で巡り会う様々な自然界の色と、日本の美しい色を表現する「伝統色」が密接な関わりを持つことを知り、風景の中に伝統色を探る先に見えてきた、風景に秘められた「秘色」を表現してみました。前回、7月に写真展「秘色」を開催しましたが、今回リバイバルで前回とは全く違う見せ方で再構成いたしました。自然界の「秘色」の繊細で微妙な色合いの美しさを楽しんでいただき、再構成した、それぞれの色と合わせ、新しい発見と自然のパワーを作品から感じとっていただけたら幸いです。
*ギャラリートーク12月19日(土) 13時〜、14時〜、15時〜、10名ずつ3回開催。予約申し込みはこちら

Par Avion Quatre4
  • スペース2

Par Avion Quatre4

飛行機の写真の魅力をもっと伝えたい。こういう思いで始めた飛行機の写真展”Par Avion”も4回目を迎えます。

PHOTO☆BRASS写真展 「組曲Ⅱ」
  • スペース3

PHOTO☆BRASS写真展 「組曲Ⅱ」

ミゾタユキ先生のご指導のもと、心にあたたかい火がともる瞬間、心を打つ景色をそれぞれの視点でとらえた作品を展示いたします。

12月11日(金)~12月17日(木)

一般社団法人日本中国友好写真協会 第4回公募写真展 第12回ゲーサンメド写真展 中国万里行・原風景を求めて
  • スペース1
  • スペース2

一般社団法人日本中国友好写真協会 第4回公募写真展 第12回ゲーサンメド写真展 中国万里行・原風景を求めて

日中友好写真家協会は日中両国民の民間交流を促進するため、日中関係の改善と発展のために少しでも寄与することをねがい、日本と中国写真界の有志が創り上げた会で、今年は第4回目の公募写真展に迎え、当会会員および応募者たちそれぞれの視点で撮り下ろした作品約50点を厳選して、中国の山岳、風景、民族、風俗、生活、宗教、建築、動植物など美しい自然と豊富多彩な民族風情を紹介します。

伊藤彰浩/かおり Photograph albireo写真展「ヒグマが守るもの」
  • スペース3

伊藤彰浩/かおり Photograph albireo写真展「ヒグマが守るもの」

写真絵本「世界遺産知床の自然と人とヒグマの暮らし(写真 伊藤彰浩、文 伊藤かおり)」の出版を記念し、本書に掲載された8点を含む、計16点のオリジナルプリントを展示します。写真絵本には個性豊かなヒグマたちが登場します。毛並みの違いや、手足の爪の鋭さなど、写真だからこを伝わるヒグマの姿をじっくりとご鑑賞下さい。そして改めてヒグマをはじめとする野生動物と人との共存について考えて頂ければと思います。

12月4日(金)~12月10日(木)

渡部英二写真展 表情と彩り-九十九里の貎-
  • スペース1

渡部英二写真展 表情と彩り-九十九里の貎-

九十九里浜は長大な砂浜が続く海です。私が生まれ育ったのは戸数が100戸ほどの北海道の小さな<岩場>の漁村でした。長い砂浜の続く九十九里は『表情』の豊かさをイメージしにくい海ですが、時に様々な顔を見せてくれます。今回は九十九里が見せてくれるその豊な『表情』を<驚き>として皆様にお伝えしたいと考え個展の開催に至りました。砂や波雲や太陽が作る九十九里の豊かな『表情』を感じ取って頂けたら幸いです。

女性だけの写真展 -東京女性支部-
  • スペース3

女性だけの写真展 -東京女性支部-

東京女性支部は丸の内・新東京ビルで毎月写真活動をしています。それぞれの個性を大切にマイペースに楽しむ女性だけの支部になります。

11月27日(金)~12月3日(木)

曽根原昇 写真展 「関東牛刀ここにあり」
  • スペース1

曽根原昇 写真展 「関東牛刀ここにあり」

千葉県の、また国の伝統工芸品に指定されている「関東牛刀」の製作現場を撮影させていただきました。牛刀とは今も私たちの過程で一般的に使われている万能包丁のことで、幕末の開国によって流入した食肉文化の影響を受け、当時の鍛冶職人達が作り上げた日本独自の洋包丁のことをいいます。関東一帯で生産された牛刀は特に高品質であることで名高く、特に関東牛刀と呼ばれるようになりました。しかし、戦後の大量生産品に押され、伝統的な職人の技で造る関東牛刀も、今ではたった一人の鍛冶職人によって受け継がれているばかりです。

ジェットダイスケ写真展「空蝉ファイナル~衝撃の結末を見逃すな!~」
  • スペース2

ジェットダイスケ写真展「空蝉ファイナル~衝撃の結末を見逃すな!~」

過去「空蝉」シリーズでは蝉の羽化をあらたな生まれ変わりとしてとらえ、生命の神秘や力強さにスポットライトをあててきました。このたび開催の「空蝉ファイナル」ではそれらに加え、不幸にも羽化に失敗したもの=死を決定づけられた瞬間にも目を向けております。特に、生きながらにジワジワと貪り食われるさまは、現代社会に生きる我々自身の姿にもオーバーラップするものです。別途、先行して開催中の過去作展「空蝉〜前回までのあらすじ」とあわせてご覧いただき、従来とは一線を画す「空蝉ファイナル」のハードな描写を感じ取っていただけると幸いです。

タンチョウ~舞 木目田武写真展
  • スペース3

タンチョウ~舞 木目田武写真展

「北海道迄行くのなら長期間滞在して撮影をしたい」との思いを妻が背中を押してくれました。9月から翌年の3月まで約半年間滞在する計画をすぐ立てました。自宅から四輪駆動車に乗って、仙台港よりカーフェリーで苫小牧港へ3日後に釧路市に到着しました。長期滞在型マンションに入居し道東での写真生活がスタートしました。日本の野鳥の中で最大級タンチョウの撮影が始まりました。厳冬の環境の中で生き抜くタンチョウたちの「力強く」「美しく」「優雅な」姿を見て下さい。

2020年 11月

11月20日(金)~11月26日(木)

日本風景写真協会東京支部 第18回作品展「秀麗彩美-出会いの瞬間-」
  • スペース1
  • スペース3

日本風景写真協会東京支部 第18回作品展「秀麗彩美-出会いの瞬間-」

日本風景写真協会東京支部は、本年で設立18年目となる。様々な個性の持ち主が、それぞれのテーマを胸に、撮影技術のさらなる向上と表現の洗練を目指して頑張っている。例会では、風景写真家・山口高志氏を招聘し、作者と対話しながら、作品の講評を頂いている。今回の作品展では、大全紙30点を展示する。

ジェットダイスケ写真展「空蝉ファイナル~衝撃の結末を見逃すな!~」
  • スペース2

ジェットダイスケ写真展「空蝉ファイナル~衝撃の結末を見逃すな!~」

過去「空蝉」シリーズでは蝉の羽化をあらたな生まれ変わりとしてとらえ、生命の神秘や力強さにスポットライトをあててきました。このたび開催の「空蝉ファイナル」ではそれらに加え、不幸にも羽化に失敗したもの=死を決定づけられた瞬間にも目を向けております。特に、生きながらにジワジワと貪り食われるさまは、現代社会に生きる我々自身の姿にもオーバーラップするものです。別途、先行して開催中の過去作展「空蝉〜前回までのあらすじ」とあわせてご覧いただき、従来とは一線を画す「空蝉ファイナル」のハードな描写を感じ取っていただけると幸いです。

11月13日(金)~11月19日(木)

二人展 TAKASHIと井上 浩輝+清水 愛里
  • スペース1

二人展 TAKASHIと井上 浩輝+清水 愛里

富士山の神秘的な側面を独特のBlue Inkで表現してきたTAKASHI。北海道の自然風景や生き物たちの活きいきとした表情を撮り続けてきた井上浩輝。二人の接点は米国ナショナルジオグラフィックにありました。自身の作品が由緒ある媒体で継続的に取り上げられてもらえるのだろうか。こんなところで交錯したのがはじまりでした。被写体や表現方法が違っていても、世界という視点で光景を捉えて表現をする心は同じ方向にあると我々は感じています。今回の写真展で重なり合う写真の心を感じていただけるとうれしいです。その二人展に北海道に移り住み、優しさ豊かな視点で写真活動を続ける清水愛里が加わりました。

キャノンフォトクラブ東京ZERO第10回写真展 一期一絵
  • スペース2

キャノンフォトクラブ東京ZERO第10回写真展 一期一絵

キヤノンフォトクラブ東京ZEROは写真家の川合麻紀先生をお迎えし『一期一絵』をテーマに作品を撮り続けており、写真展は今回で10回目の記念の開催になります。今年は日常の撮影会や月例会も集合しての活動は控え、オンラインによる開催を行うなど工夫しながら活動を続けてまいりました。この間、会員一人ひとりが過去の作品を見直し、自分の作品に向き合うなど知らない自分を探しながらレベルアップを目指してきました。ZEROの活動の成果とメンバーの成長を皆様に披露していきたいと思っております。

三菱重工業株式会社本社写真部展
  • スペース3

三菱重工業株式会社本社写真部展

三菱重工業株式会社本社写真部展です。部は、約50年前に設立され、主に東京・神奈川地区の社員を中心に活動しております。今回も、部員の自宅周辺の一瞬を捉えたスナップから旅先で撮影した力作を集めました。

11月6日(金)~11月12日(木)

M♡M photo Exhibition 『輝きとそれぞれのポトレ』展
  • スペース1
  • スペース3

M♡M photo Exhibition 『輝きとそれぞれのポトレ』展

斉藤みき主宰の撮影会のメンバーとのグループ展です。招待作家として写真家 imymemarine(高橋 真理)さんをお迎えし個性あふれる9名の力作 A2 約40点を展示。また初日には、FUJIFILMデジタルカメラ トライアル開催・杉山さくらさんによるサクラスリングコーナーでサクラスリングスのカメラストラップ等を紹介します。写真は今、ことさら、大切なこころを繋ぎ、見てくださる方に力を伝えるものでありたい。輝きを放つ作品を是非ご覧ください。

第17回フォトクラブあじさい写真展 女性七人展
  • スペース2

第17回フォトクラブあじさい写真展 女性七人展

フォトクラブあじさいは、1998年に発足し今回、7名で17回目の写真展を開催いたします。芳賀健二先生のご指導で、テーマはそれぞれ自由に取り組んでおります。

10月30日(金)~11月5日(木)

上野耕壱写真展 風薫る四季のぽーとれーと
  • スペース1
  • スペース3

上野耕壱写真展 風薫る四季のぽーとれーと

四季折々の表情に彩られた自然の中に身を置き、風にのって運ばれてくる僅かな薫り、 その薫りは、自然の中で様々な命が育まれている証であり、 その薫りを写真で表現してみました、A1(全倍)を10点、A2(全紙)で29点展示予定。 (今年の3月13日より開催の予定でしたが、新型コロナウイルス拡散防止のため、 今回の開催となりました。)

川隅功2021年カレンダー写真展
  • スペース2

川隅功2021年カレンダー写真展

毎年、凸版印刷トップカレンダーシリーズの中で、川隅功カレンダー「彩風」を2008年より14年間発売させていただいております。既に再来年版へ向かっても制作進行中です。今回、初めての試みとして来年2021年版に採用された写真を額装で展示します。会場内では、銀塩写真を楽しんで下さい。そしてお帰りには、会場内特別価格のカレンダーを是非お買い求めいただき、来年、ご自宅・ご職場で毎月楽しんでいただけたら幸いです。

2020年 10月

10月23日(金)~10月29日(木)

加藤直子写真展「サンクチュアリ~a chainless soul~」
  • スペース1
  • スペース3

加藤直子写真展「サンクチュアリ~a chainless soul~」

6年間の間に17回訪れた東アフリカで、広大な大自然の中でいきるキューティたちを捉えた瞬間を、迫力ある大型写真でお楽しみいただけます!

女性だけの写真展 全日本写真連盟 Bee2クラブ
  • スペース2

女性だけの写真展 全日本写真連盟 Bee2クラブ

全日本写真連盟 Bee2クラブ は丸の内・新東京ビルで毎月写真活動をしています。それぞれの個性を大切にマイペースに楽しむ女性だけの支部になります。

10月16日(金)~10月22日(木)

宮沢あきら ナチュラルフォト写真教室写真展「旬彩模葉(しゅんさいもよう)」
  • スペース1
  • スペース2

宮沢あきら ナチュラルフォト写真教室写真展「旬彩模葉(しゅんさいもよう)」

ナチュラルフォト写真教室は、「葉っぱ」を中心とした身近な植物を題材に撮影しています。この教室は、2010年に植物写真家(葉っぱグラファー)宮沢あきら が、葉っぱ写真の楽しさを広めるために開いたもので、今年で10周年を迎えます。身近な生活圏で当たり前のように見られる植物を撮影する場合、花を主役にすることが多く、その周辺広がる葉っぱを主役にすることは少ないでしょう。そんな脇役的な存在の「葉っぱ」が輝く一面を鋭い眼差しで切り取った、22名の個性的な作品をぜひご覧ください。

大河内勇写真展 蠢めく 猫の額ほどの花壇が賑わう
  • スペース3

大河内勇写真展 蠢めく 猫の額ほどの花壇が賑わう

ステイホームの日々が増え、見つめなおした自宅の小さな花壇。ルーペで見ると、そこには様々な虫たちが懸命に生きている姿がありました。いかに生き、いかに死ぬか。虫たちの「蠢く」日常のスナップショットです。気持ち悪くないですよ・・と思います。

10月9日(金)~10月15日(木)

全日本写真連盟 東京都本部 TOKYO D.K.F支部 写真展
  • スペース1
  • スペース3

全日本写真連盟 東京都本部 TOKYO D.K.F支部 写真展

私たちは全日本写真連盟・東京都本部に所属し、関東本部委員(プロ写真家)熊切大輔先生にご指導いただいている写真愛好家の支部です。テーマを「東京の彩」として一年間勉強しました。今年は楽しみにしていたオリンピック・パラリンピックも「コロナ」自粛で延期になり残念ですが、明るく!元気に!趣味の写真を楽しんでいます。

女性だけの写真展 全日本写真連盟 アップルクラブ&丸ノ内フォトクラブ
  • スペース2

女性だけの写真展 全日本写真連盟 アップルクラブ&丸ノ内フォトクラブ

全日本写真連盟 アップルクラブ&丸ノ内フォトクラブ は丸の内・新東京ビルで毎月写真活動をしています。それぞれの個性を大切にマイペースに楽しむ女性だけの支部になります。

10月2日(金)~10月8日(木)

松村真基雄個展「PROUD」自称独立国の独立記念日
  • スペース1

松村真基雄個展「PROUD」自称独立国の独立記念日

自称独立国とは未承認国家のこと。沿ドニエストル共和国(トランスニストリア共和国)、ナゴルノ=カラバフ共和国(アルツァフ共和国)、アブハジア共和国 そして、北キプロス・トルコ共和国の独立記念日を祝う人々の描写です。英国王立写真家協会会員

6Gz 第4回写真展 「心の原風景を求めて」
  • スペース2

6Gz 第4回写真展 「心の原風景を求めて」

写真産業に携わってきた6人の仲間が、仕事を離れて「写真道」に没頭… 胸の高鳴りを抑え、その光景をファインダーに切り取った作品を展示します。

第33回友山クラブ写真展「光の世界*風物詩」
  • スペース3

第33回友山クラブ写真展「光の世界*風物詩」

山岳写真家川口邦雄先生が指導する会の定例写真展です。ヒマラヤの秀嶺、モンゴル辺地、南米インカ道、日本の心休まる風景など17点をお楽しみください。

9月25日(金)~10月1日(木)

はじめの一歩写真展
  • スペース1
  • スペース2

はじめの一歩写真展

『白黒・山の象(かたち)写真展』厳しい冬から春へと移り変わる様子を、白黒フィルムで表現しました。『第22回はじめの一歩写真展』講師・小川清美と海外及び国内撮影会で撮りためたものを展示いたします。

パル東京女性支部展
  • スペース3

パル東京女性支部展

全日本写真連盟 パル東京女性支部は丸の内・新東京ビルで毎月写真活動をしています。それぞれの個性を大切にマイペースに楽しむ女性だけの支部になります。

2020年 9月

9月18日(金)~9月24日(木)

第42回 山岳写真ASA写真展 「岳」山稜の光彩
  • スペース1
  • スペース2

第42回 山岳写真ASA写真展 「岳」山稜の光彩

会員の撮影した作品を集約し、毎年1回開催している定例の写真展。山岳の自然が織りなす美しさや厳しい自然条件を表現した作品を展示し、山岳写真の素晴らしさを伝えます。

チベット・イラン花の旅 榊原恵美子写真展
  • スペース3

チベット・イラン花の旅 榊原恵美子写真展

野の花に魅せられて、チベットとイランを訪ねる。ヒマラヤの青いケシ3種、イランのチューリップ&ムスカリの原種など自生地の花々30点近くを展示します。

9月11日(金)~9月17日(木)

菊池哲男写真展 八ヶ岳 ~凍てつく岩稜と森~  武井眸写真展 あるがままに ~ある山岳写真家の自然との対話~
  • スペース1
  • スペース2

菊池哲男写真展 八ヶ岳 ~凍てつく岩稜と森~ 武井眸写真展 あるがままに ~ある山岳写真家の自然との対話~

山岳写真家の菊池哲男氏が捉えた八ヶ岳の作品と助手を務める武井氏が捉えた菊池氏が撮影する姿や風景写真を展示します。

ハッセルブラッドフォトクラブジャパン 第27回フォトコンテスト作品展
  • スペース3

ハッセルブラッドフォトクラブジャパン 第27回フォトコンテスト作品展

日本全国に会員を持つ当クラブのメンバーを対象にフォトコンテストを行い、今年で27回目を迎えました。作品はハッセルブラッドのカメラで撮影され、フィルムやデジタルを問わずノートリミングのみの作品を展示しています。当クラブは30年以上続くクラブで、活動は年に2〜4回の撮影旅行、年間・誌上・撮影会の各フォトコンテスト、年1回の写真展を行っていす。また作品を掲載した会報誌も発行しています。

9月4日(金)~9月10日(木)

二科会写真部東京支部展
  • スペース1

二科会写真部東京支部展

二科会写真部は例年9月上旬より国立新美術館で開催する「二科展」に、二科会写真部展として展示しておりますが、本年は第58回展を来年に延期しました。東京支部としましては本年当初より支部展の準備を進めここに54名の作品展を開催できましたことを感謝申し上げます。

フォトクラブコスモス写真展 「季節のアルバムXV」
  • スペース2

フォトクラブコスモス写真展 「季節のアルバムXV」

自然を愛する会として18年前に発足しました。写真展は今回で15回目となります。橋本 勝先生の指導の下、素人の写真愛好会集団です。会員は19名で女性が7名です。例会は2か月に1回、撮影会は年2回2泊3日で行っています。肩の凝らない会です。

第1回徳田光弘写真展「海に魅せられて!!ワイドに夢中」
  • スペース3

第1回徳田光弘写真展「海に魅せられて!!ワイドに夢中」

地球温暖化が進み異常気象が多発しておりますが、海の中も例外ではありません。海水温上昇による珊瑚礁の減少や魚の乱獲、プラスチックごみの影響などで、海の生き物も減って来ていると感じており、写真に残したい、多くの人に見てもらいたいと考え本格的に写真家として活動をはじめました。撮影場所は、メキシコのソコロやラパス、インドネシアのコモドなどです。見どころは、アシカやイルカの可愛い姿やマンタ、綺麗な珊瑚礁と魚たちです。楽しんでいただけたら幸いです。

8月28日(金)~9月3日(木)

日本風景写真埼玉支部
  • スペース1

日本風景写真埼玉支部

展示作品は、各々「仲間写真」として選出しました。例会は、年4回、2011年6月から毎回、川隅功指導会員の指導を受けております。

東京花の会 第9回写真展
  • スペース2

東京花の会 第9回写真展

花の美しさと奥深さと対話しながら撮影した花の写真を36点展示いたします。

川隅功 作品展
  • スペース3

川隅功 作品展

過去、富士フィルムスクエア等で展示された作品ですが、コロナ禍の中、心和む一時をお過ごし頂けたら幸いです。

2020年 8月

8月21日(金)~8月27日(木)

高橋俊雄 写真展 ~ 最北の地に魅せられて ~
  • スペース3

高橋俊雄 写真展 ~ 最北の地に魅せられて ~

時間と共に変わりゆく彩に魅せられ、大地を駆け巡り出会った光景。毎年足を運んでいる、北海道の様々な光景が展示されます。

8月14日(金)~8月20日(木)

川村賢一写真展 SHIKAKU 「視角」と「視覚」
  • スペース1

川村賢一写真展 SHIKAKU 「視角」と「視覚」

ごく日常的な都市風景をひと味違うイメージで表現しているが、対象物がテーマではない。画角/遠近感が肉眼に最も近い 40mmF1.2 開放絞りのみで撮影。浅いピントは空間を認識する一瞬の感覚に近い。写真表現で「カメラのピント」と「心のピント」の問いに着目。写真とは何か、みなさまの感想をお聞かせください。

第20回だいこんサラダ写真展
  • スペース2

第20回だいこんサラダ写真展

節目となる20回目のグループ展となります。今回はメンバーそれぞれの力作に加え、最近のグループ撮影会の作品も出品します。

森田雅章「夢幻花」(mugenbana)
  • スペース3

森田雅章「夢幻花」(mugenbana)

30年の秘技、“夢幻撮影法”にて撮影した花の作品を展示します。

8月7日(金)~8月13日(木)

曽布川善一写真展 富士山~物語との出合い~
  • スペース1
  • スペース3

曽布川善一写真展 富士山~物語との出合い~

独自の視点で捉えられた富士山を、迫力ある大型銀塩写真と4K映像モニターで壮大な富士山を感じられる写真展です。

第12回「グループしゃとる」写真展 ~それぞれの瞬間~
  • スペース2

第12回「グループしゃとる」写真展 ~それぞれの瞬間~

13名の写真愛好家のグループで、プロの先生の指導で毎月バス、或いは東京近辺で撮影会を行っております。

7月31日(金)~8月6日(木)

船から飛行機&工場夜景スナップ~NikonCollegeグループ展
  • スペース1

船から飛行機&工場夜景スナップ~NikonCollegeグループ展

羽田沖で空と体に鳴り響くエンジンの爆音とともに頭上や滑走路のそばで見上げる飛行機、吹き上げる蒸気や波の静かな音に包まれながら妖しい光を放つ京浜運河や本牧根岸の工場夜景。NikonCollegeでミゾタユキ講師の講座「船から飛行機海上スナップ」「船の上から工場スナップ」で撮影した受講者42名によるグループ展。ワイルドでロマンテイックな非日常感を楽しめるスナップです。

寺本成貴写真展 four seasone ゆきぐにのねこ
  • スペース2

寺本成貴写真展 four seasone ゆきぐにのねこ

雪の中でのシーンメインに、季節ごとのさまざまな ねこ表情を捉えた作品が展示されます。4Kモニターでは、作者がinstagramで投稿して好評いただいる動画もお楽しみいただけます。

フォトクラブ彩「彩りの世界15」
  • スペース3

フォトクラブ彩「彩りの世界15」

フォトクラブ彩 今年も彩の世界15 を開催致します。彩をテーマに自然の素晴らしさを求めて作品作りを目指しております。

2020年 7月

7月24日(金)~7月30日(木)

木村忠尚写真展 みちのく四季光彩
  • スペース1
  • スペース3

木村忠尚写真展 みちのく四季光彩

東北地方のダイナミックに変化する四季風景を展示します。この地域の自然の豊かさ、美しさを写真を通してお伝えし、2011年の東日本大震災からの復興に向けて、人の流れが東北に向かうことを願います。

7月17日(金)~7月23日(木)

金子美智子写真展『秘色 ひいろ』日本の美風景
  • スペース1
  • スペース2
  • スペース3

金子美智子写真展『秘色 ひいろ』日本の美風景

四季の移り変わりの中で撮影で巡り合う様々な 自然界の色と、日本の美しい色を 表現する「伝統色」が密接な関わ りをもつことを知りました。風景の中に伝統色を探る先にみえてきた、風景に秘められた「秘色」を表現してみました。繊細で微妙な色合 いの美しさを楽しんでいただき、 それぞれの色と合わせ、自然のパ ワーを感じとっていただけたら幸 いです。*ギャラリートーク 7月18日(土)、7月20日(月) 両日とも14時~・15時~2回開催 します。*状況によりギャラリートークは中止の可能性もあります。

6月26日(金)~7月16日(木)

クリエイトART WORKS「花のある作品集」
  • スペース3

クリエイトART WORKS「花のある作品集」

クリエイトが厳選した人気写真家の作品をセレクトして展示いたします。現在は、「花」のある作品24点を展示中です。今年は外出自粛でせっかくの春の花を見る機会がほとんどありませんでした。ささやかですがお花見気分で「花」のある作品の数々をお楽しみいただけたらと思います。(展示のテーマや作品のセレクトは、今後不定期に変更する場合があります)展示作品はすべてご購入いただけます。

2020年 6月

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止いたしました。

2020年 5月

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止いたしました。

2020年 4月

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止いたしました。

2020年 3月

3月6日(金)~3月12日(木)

写団RGB 菊池哲男と仲間たち 第14回写真展 季節の移ろい
  • スペース1
  • スペース2

写団RGB 菊池哲男と仲間たち 第14回写真展 季節の移ろい

山岳写真家の菊池哲男氏が講師の写真クラブ。山、風景の写真をクリスタル大全紙プリントにて約50点展示いたします。

眞鍋久徳写真展 「Dear Deer」
  • スペース3

眞鍋久徳写真展 「Dear Deer」

3年前、初めて鹿を撮影した時にこれまでにない感情を抱きました。以来、今日までに過ごした鹿との時間が私に写真の楽しさ、命の尊さ、自然の偉大さを教えてくれました。今回の展示は、その一部ではありますが、特に印象に残った作品たちです。是非ご覧ください。

2月28日(金)〜3月5日(木)

有賀一彦写真展 大地(THE EARTH)
  • スペース1
  • スペース3

有賀一彦写真展 大地(THE EARTH)

アメリカの雄大な大自然を感じる アメリカの中西部の乾いた景色が好きで長年撮影して来ました。写真展を通うじてアメリカの雄大な景色を、紹介したいと思っています。また、ドローンで撮影したカットも多数ございます。

2020年 2月

2月21日(金)〜2月27日(木)

第42回三菱合同写真展
  • スペース1
  • スペース3

第42回三菱合同写真展

『三菱系7社合同による写真展です。テーマは、「四季」「自由」。今回もこれはと思う力作を集めました。どうぞ、当番の受付に気軽にお声掛けください。』

GroopMEW第26回作品展「出会いの光景」
  • スペース2

GroopMEW第26回作品展「出会いの光景」

榎本正好先生(JPS)指導のもと、四季折々の風景、スナップ等を中心に「出合いの光景」を総合テーマとし、各々が個別テーマを決め取り組んだ作品を展示します。

2月14日(金)〜2月20日(木)

第20回写写塾写真展「自然と共に・・・」
  • スペース1
  • スペース2

第20回写写塾写真展「自然と共に・・・」

われわれ写写塾は25名の会員で構成するシニア写真愛好家の集まりであります。撮影モットーは、地上にあふれる様々な自然を主な対象とし「自然と共に・・・」を共通のスローガンに研鑽を重ねております。活動は月に1度、作品を持ち寄っての月例会、年に2度、合同撮影会を実施して、塾長による作品指導、また会員間の意見交換等を行っています。そして日頃の成果の総仕上げとして、年1度この度のような写真展を開催しております。

  • スペース3

杉本恭子写真展 「彩り季節風」~Heartwarming Story~

写真家 杉本恭子氏による2枚1組のスナップ作品をスタートからエンディングまで心温まるストーリー仕立ての写真展

2月7日(金)〜2月13日(木)

ニッコールクラブ東銀座写游支部 第19回写真展
  • スペース1
  • スペース2

ニッコールクラブ東銀座写游支部 第19回写真展

写真家 山口高志氏が講師を務める写真クラブ、テーマは「季節の移ろい」と「自由品」の2部門で全紙作品を44点展示いたします。

アンシン アナトーリー写真展「観」かん
  • スペース3

アンシン アナトーリー写真展「観」かん

「技術的にも構図的にも完璧な写真、ただ綺麗な写真だけでは満足できない。我々を取り巻く大自然から奥深い象徴性を引き出すということを写真術の神髄と考えるロシア出身のアーティスト、アンシン・アナトーリーが鎌倉の寺社の庭園を中心に撮り続けてきた作品の写真展」

1月31日(金)〜2月6日(木)

  • スペース1

わくわく写真教室 -美しの富士-

わくわく写真教室は22名の写真好きのグループです。毎月忍野村の岡田紅陽写真美術館て勉強会を行っています。住んでいる所もバラバラで自由に富士山を撮影しています。

おにまるさきほ写真展 -Naybe-
  • スペース2

おにまるさきほ写真展 -Naybe-

私は小さい頃から自分のことが好きでは無く、自分以外の誰かになりたいと思い生きてきました。今回は、自分以外の誰か「男の子」達を写真の中に閉じ込め命を奪うことで、私が自分以外の誰かになる瞬間を残した写真を展示させて頂きます。

Exposition de Quartette(四重奏展)
  • スペース3

Exposition de Quartette(四重奏展)

2020年 1月

1月24日(金)〜1月30日(木)

  • スペース1
  • スペース2

PHOTO菊池組 作品展VOL.4

「PHOTO菊池組」は山岳写真家の菊池哲男先生の指導の下、組写真を勉強している写真グループです。山岳写真に限らず、スナップや風景、お祭り、バイクレースなどの作品を展示します。

  • スペース3

全日本写真連盟アリスクラブ展 -My Favorite-

全日本写真連盟 アリスクラブは1971年から活動が始まった支部で、指導は佐藤仁重先生です。フイルムでの撮影を継続する会員も多く所属する支部で、スナップや自然と幅広い撮影を楽しんでいます。丸の内で開催する例会では毎月佐藤先生プロ写真家を講師に迎え、年1回の写真展を目標に活動しています。今回は毎月の例会作品の中からお気に入りの作品を展示いたします。

1月17日(金)〜1月23日(木)

  • スペース1
  • スペース2

第10回日本リンホフクラブ写真展「大判カメラでとらえた世界」

大判カメラにこだわり続け、いまでも4x5サイズのリンホフカメラで撮影しています。展示作品は、全てポジフイルムからの銀塩写真です。

  • スペース3

畑中 玲 写真展 碧窓

日本、東南アジアからモルディブ、メキシコまで、世界中の海や泉の下に広がる、色鮮やかな世界を写し撮る。

1月10日(金)〜1月16日(木)

Trace -5人の軌跡-
  • スペース1

Trace -5人の軌跡-

若手写真家の5人が、それぞれの感覚で捉えた新感覚の作品展です。

小木曽光利 8000m峰 14座 -煌めきの刻-
  • スペース2

小木曽光利 8000m峰 14座 -煌めきの刻-

70歳を過ぎてから、8年間に7回海外遠征をおこない、世界に聳える8000m峰、14座を撮り終えました。80歳になった今、14座をまとめて展示を行い、山々の素晴らしさを皆様に感じて頂ければ、外の喜びであります。

八木千賀子写真展 Eight Colors Island -常春の島、八丈島での出会い-
  • スペース3

八木千賀子写真展 Eight Colors Island -常春の島、八丈島での出会い-

八丈島に通い出して10年。八丈島ふるさと観光大使にも任命されその中で出会った美しい島の風景の作品を展示します。

12月27日(金)〜1月9日(木)

  • スペース1
  • スペース2

第7回ふるさとお国自慢フォトコンテスト

コンテスト応募作品3,425点の中から関東甲信越静,1都10県(東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡・茨城・新潟・長野・栃木・群馬・山梨)の魅力ある風景・スナップを中心に入賞作品150点を展示。

  • スペース3

GALLERY SHOP PICK UP

お気に入りの富士山を見つけて、インテリアとしてお部屋に飾ってみませんか?縁起の良い富士山を贈り物にしてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ

展示スケジュールなどについての不明点は、以下までお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

03-3538-9822

クリエイト銀座本店

受付時間
平日:10時30分~19時 /
土曜日:11時~17時
(年末年始・特定日を除く)

メールでのお問い合わせ