富士フォトギャラリー銀座 展示スケジュール

富士フォトギャラリー銀座の開場時間は、10時30分より19時。土・日・祝日11時より17時です。(会期最終日は14時まで)
なお、展示内容は予定が変更される場合もございます。詳しくはクリエイト銀座本店にお問い合わせください。
開催終了した展示会の情報はこちらでご覧になれます。
富士フォトギャラリー銀座 過去の写真展

ご来場のお客様へ

ご来場の皆さまの安心・安全の確保のために、下記事項についてご協力をお願いいたします。

・マスクの着用をお願いいたします。
・消毒スプレーをご用意しておりますので、手指の消毒をお願いいたします。
・発熱や風邪症状(くしゃみ、咳、悪寒など)のある方はご来場をお控えください。
・他のお客様との間隔を空けるようにお願いいたします。
・混雑時には入場を制限させていただくことがございますのでご了承ください。

9月30日(金)~10月6日(木)

第24回 はじめの一歩 写真展
  • スペース1
  • スペース3

第24回 はじめの一歩 写真展

今年の『はじめの一歩写真展』は初めてゲストをお迎えして合同での写真展になります。ゲストはライチョウ、紅葉の涸沢、富士山、スイスアルプスなどを写されている方々です。主宰するのは小川清美写真教室で、銀座界隈で会場を変えて24回目の写真展になります。私、小川清美はスイスアルプスを主に写していますが、今年は撮りためたモンブラン山群の山の景色を出したいと思います。一緒に撮影旅行に行った初心者からベテランの方々の楽しい作品が並びます。

全日本写真連盟 東京都本部<br>写心クラブ 第15回写真展
  • スペース2

全日本写真連盟 東京都本部
写心クラブ 第15回写真展

当写心クラブは2005年に東京都本部の個人会員より設立された支部です。写真家熊切大輔氏の指導のもと、偶数月での定例会、年間3回の熊切先生による撮影実習や毎月のプライベート撮影会等の活動をしております。現在会員数15名と少数ですが幅広い年齢層で構成され、写真に情熱を持った楽しく和気藹々と撮影に取り組んでいる仲間たちで、写真の技術向上はもちろんですが、何よりも会員相互の親睦を大事にするクラブです。3年ぶりに開催する写真展は今回で15回目となりますが日頃の活動の成果を発表させていただき、今後の写真力向上の糧と致したく是非ともご高覧いただきたく宜しくお願いいたします。

10月7日(金)~10月13日(木)

第22回 施友写真同好会展
  • スペース1

第22回 施友写真同好会展

講師の宮岡先生指導のもと、旧防衛施設庁出身者等が集まり、それぞれのテーマにより、写真撮影を楽しみながら取り組んでおります。

松田紀久子写真展 「魅せられて」
  • スペース2

松田紀久子写真展 「魅せられて」

亡き父の晩年の趣味をカメラごと引き継いで20年、日本の自然をひたすら切り取ってまいりました。私が魅せられた四季のあれこれをご覧ください。

【特別企画】「FUJIFILM 彩-irodori-LABO」×「ARTs*LABo」 『彩り』
  • スペース3

【特別企画】「FUJIFILM 彩-irodori-LABO」×「ARTs*LABo」 『彩り』

本展は「FUJIFILM 彩-irodori-LABO」と「ARTs*LABo」が共同開催するプロモーション展示企画です。人気創作イラスト作家さん達が『彩り』をテーマに選んだアート作品。それらを富士フイルムの写真技術を活かした「FUJIFILM 彩-irodori-LABO」商品で構成します。それぞれの『彩り』を是非会場でお楽しみください!
「FUJIFILM 彩-irodori-LABO」・・・『日常に彩を添えるお手伝いをしたい』そんな思いで立ち上げたイラスト作家向け商品注文サービス。
「ARTs*LABo」・・・『作家の立場から考えたアートイベント』をコンセプトに、年間通し多数のテーマ展を企画・運営。

10月14日(金)~10月20日(木)

キヤノンフォトクラブ東横 第八回写真展 Timeless
  • スペース1
  • スペース2

キヤノンフォトクラブ東横 第八回写真展 Timeless

地球温暖化による自然災害の増大、コロナ禍による価値観の変容、世界が大きく変わっていると感じるこの頃、変わってほしくないもの・大切にしたいものを持ち寄ろう!クラブ員が考え抜いた『Timeless』をぜひ、見て、感じていただきたい。井村淳先生指導の元、全紙43点、ジャンルにとらわれない、個性が集まりました。

米田堅持 写真展<br>カメラが見た海上保安庁の潜水士たち
  • スペース3

米田堅持 写真展
カメラが見た海上保安庁の潜水士たち

海上保安庁と言えば潜水士=海猿というほど、海保の「顔」ともいうべき存在。そんな潜水士ですが、実際の活動や訓練は海の上を含めて人目につかない場面も多いのが実情です。今年はヘリコプターから救助を行う潜水士の機動救難士が誕生して20年。機動救難士の訓練の様子、そして潜水士の中でも最も厳しい場面での任務にあたる特殊救難隊、東日本大震災で捜索を続ける潜水士など、全国各地でカメラを通してみてきた海保の潜水士たちの姿を今回の展示では紹介します。「人は3分あれば溺れるが、30分で到着できる現場は少ない」そんな難しい条件下での任務に臨む海猿たちの思いを少しでも感じ取っていただけたら幸いです。

10月21日(金)~10月27日(木)

R&E 「米 美知子写真教室 」合同写真展
  • スペース1

R&E 「米 美知子写真教室 」合同写真展

写真家 米 美知子が指導するリコーフォトアカデミー「米 美知子風景写真教室」と、EOS学園「ゼミナール」「ネイチャーフォト実践講座」の会員による合同写真展。各教室会員はデジタルカメラをはじめ、フィルムカメラで撮影した作品を月一回の教室で発表。和気あいあいとした和やかな雰囲気の中、講師からの厳しい指導のもと日々研鑽をつんでいます。美しい自然に身をゆだね、会員それぞれの心に響いた四季折々の作品をご高覧頂けると幸いです。

第22回だいこんサラダ写真展
  • スペース2

第22回だいこんサラダ写真展

コロナ禍も3年目、少しずつ日常が戻ってきていますが旅行や祭り好きにはまだまだの感じです。そんな中でもメンバーそれぞれが好きなテーマの被写体を撮り続けています。各人各様の力作に加え、昨秋の昭和記念公園、今春の小田原フラワーガーデンのグループ撮影会の作品も出品しています。

飯田利雄写真展「風雅の技法」<br>Die kunst der 'Fuga' -洛外の秋-
  • スペース3

飯田利雄写真展「風雅の技法」
Die kunst der 'Fuga' -洛外の秋-

名演奏家が楽譜の向こう側まで読み尽くして演奏するように、自分も被写体を知り尽くして撮影したいと常々思っています。被写体が歴史を背負っているものならば尚更です。京都での撮影を本格的に始めて 20 年。常にそれを意識して撮影して参りました。「風雅」と云う言葉には音楽の「フーガ」が掛けてあります。J.S.バッハが大作「フーガの技法」で一つの主題からあらゆる可能性を引き出したように、自分の作品もかくありたいと願い僭越ながら「風雅の技法」と名付けさせていただきました。今回の主題は「秋」です。洛外の風景を秋の植物で表現してみました。暫しの間、洛東の秋をお楽しみください。

10月28日(金)~11月3日(木)

蔵前写真クラブ展「彩遊記Ⅷ」
  • スペース1

蔵前写真クラブ展「彩遊記Ⅷ」

蔵前写真クラブは、東京工業大学の同窓会であります蔵前工業会の会員で, 企業の経営者や経営者であったメンバーで構成されています。今年で21年を迎えます。クラブの活動は年間の活動計画を定め岡本洋子先生の指導のもと「作品講評と講義、実技の撮影実習」を計画的に実施しております。この一年はコロナ禍の環境でしたので、作品講評と講義はオンラインで、撮影実習会は感染対策を行いながらの実施となりましたが、一同積極的に参加し、変わらぬ活発な活動を続けています。今回各人が自信作を出展致しました。ご高覧いただけましたら幸いです。

わくわく写真教室 写真展
  • スペース2

わくわく写真教室 写真展

わくわく写真教室は山中湖を起点として1997年から富士山をテーマとした風景写真を撮っています。それぞれの場所から思い思いの撮影で、毎年のグループ展を目的としています。
残念ながらコロナ禍の影響も多く、重ねてお天気も悪い日が多かった事がありますが、一人ひとりの努力の結晶を今回は展示させていただくことにしました。現在会員数は15名です。

第13回 フォトクラブNAKARAI 写真展
  • スペース3

第13回 フォトクラブNAKARAI 写真展

大学のカルチャースクールの写真講座を受講した卒業生が中心となり、立ち上げた写真クラブです。講座で学んだ基礎知識を基に、風景、花、スナップ等、自分の興味のある被写体を探して撮影を行っています。活動は、年6回の月例集会、随時行う撮影会、年1回の写真展を行っています。

11月4日(金)~11月10日(木)

日本風景写真協会 東京支部 20周年記念作品展 秀麗彩美 ~出会いの瞬間~
  • スペース1
  • スペース2
  • スペース3

日本風景写真協会 東京支部 20周年記念作品展 秀麗彩美 ~出会いの瞬間~

日本風景写真協会東京支部は、本年で設立20年となる。様々な個性の持ち主が、それぞれのテーマを胸に、撮影技術のさらなる向上と表現の洗練を目指して頑張っている。例会では、風景写真家・山口高志氏を招聘し、作者と対話しながら、作品の講評を頂いている。今回の作品展では、大全紙53点を展示する。

11月11日(金)~11月17日(木)

中条 孝文写真展 葉っぱのゆくえ
  • スペース1

中条 孝文写真展 葉っぱのゆくえ

8年間、八甲田山麓、阿蘇山麓を中心に大判カメラで撮影した写真には必ず葉っぱと水の流れが写っていました。多くは、被写体の不思議さに心を動かされてシャッターを切ってきました。不思議と思う心がたくさんの葉っぱや水の流れに巡り逢わせてくれたような気がしています。葉っぱが春に芽生えて、秋には色づき、落葉した後、どこに行くのか葉っぱのゆくえを物語るように作品を構成し、写真18点、詩3点を展示します。

  • スペース2

キヤノンフォトクラブ東京ZERO 第12回写真展「一期一絵」

三科好造 写真展 街時間
  • スペース3

三科好造 写真展 街時間

通勤前や仕事帰りにいつもカメラを持って街をスナップすることが、いつからかライフワークになっておりました。
街はいつも変化して、歩いているととても楽しいです。今日も街に出かけます。
撮る楽しみから観ていただく喜びを、この写真展で感じられることを楽しみに。
楽しい写真の(時間)を感じていただけましたら幸いでございます。

11月18日(金)~11月24日(木)

第44回 山岳写真ASA写真展 「岳」山稜の光彩
  • スペース1
  • スペース2

第44回 山岳写真ASA写真展 「岳」山稜の光彩

会員の撮影した作品を集約し、毎年1回開催している定例の写真展。山岳の自然が織りなす美しさや厳しさ、植物の可憐さや動物たちの息づかいを表現した作品を展示し、山岳景観の素晴らしさや生命の大切さを伝えています。

フォトクラブあじさい 女性5人展
  • スペース3

フォトクラブあじさい 女性5人展

5人の女性がそれぞれに好きな被写体、出会った光景などを撮ったものです。会の立ち上げから20年近くが経過し、当初のメンバーも大きく変わっていますが写真に対する作品作りの意欲は継続しております。見ていただき、皆様の忌憚のない感想をお願いいたします。

11月25日(金)~12月1日(木)

第8回 nikoniko一写倶楽部 写真展 <br>四季の彩り
  • スペース1

第8回 nikoniko一写倶楽部 写真展 
四季の彩り

フォト俱楽部G
  • スペース3

フォト俱楽部G

フォト倶楽部Gは主宰儀同正勝氏の下、13名の会員で構成される大判・中判カメラ、銀塩フィルムを愛好する者の会です。写真家花畑日尚先生を顧問として、技術の向上を目指し毎月1回の撮影研修の会を催しております。「私旬季」は会員達の一年間の作品の中から選りすぐったもので開催する写真展です。日本の季節の移り変わりを追い続けた会員達が表現する、私の旬と思う写真をお楽しみ下さい。

お問い合わせ

展示スケジュールなどについての不明点は、以下までお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

03-3538-9822

クリエイト銀座本店

受付時間
平日:10時30分~19時 /
土曜日:11時~17時
(年末年始・特定日を除く)

メールでのお問い合わせ