富士フォトギャラリー銀座 展示スケジュール

富士フォトギャラリー銀座の開場時間は、10時30分より19時。土・日・祝日11時より17時です。(会期最終日は14時まで)
なお、展示内容は予定が変更される場合もございます。詳しくはクリエイト銀座本店にお問い合わせください。
開催終了した展示会の情報はこちらでご覧になれます。
富士フォトギャラリー銀座 過去の写真展

1月26日(金)〜2月1日(木)

霜月ジョー 初個展「STORIES」
  • スペース1

霜月ジョー 初個展「STORIES」

物語性のあるポートレート作品を中心として作家活動を行う【写真家 霜月ジョー】の初となる個展をついに開催します。様々な物語を表現したコンセプトであることから個展名を『STORIES』としました。2021年から写真を始めて、2023年より写真家活動を開始。2023年は写真展にて賞を立て続けに受賞し、SNSフォロワー1万人を記念した作品集の制作も決定。2024年は飛躍の年になるであろう写真家の個展にぜひお越しください。

森田雅章写真展 「妖精たちの讃歌」<br>妖精たちの小宇宙Ⅺ
  • スペース3

森田雅章写真展 「妖精たちの讃歌」
妖精たちの小宇宙Ⅺ

コンピュター加工しない森田流「レンズリバース夢幻撮影法」による表現(レンズの光軸をずらす事によって生まれる歪みを利用した撮影法です)このレンズの歪みを利用するこの撮影方法 「夢幻撮影法」は柔らかな描写できれいなボケを持ち、かつ芯のある映像をも可能にしています。それは裸眼では見ることのできなかった花の魅力を レンズを透してのみ表現できる世界なのです。今までに無い視覚 と描写の新しい「花の写真」を「新美学の境地」として今なお探究中なのです。そんな写真展を見ていただけたら幸いです。

2月2日(金)〜2月8日(木)

第13回 日本リンホフクラブ写真展「大判カメラでとらえた世界」
  • スペース1
  • スペース2

第13回 日本リンホフクラブ写真展「大判カメラでとらえた世界」

2009年に発足した日本リンホフクラブは写真展を毎年実施していましたがコロナ禍で止む無く1回休み、13回目の写真展になります。写真技術の向上、会員相互の親睦、銀塩フィルムの環境・文化の継承をして来ました。今年の写真展は大判カメラで銀塩フィルムを使って撮影した自然風景写真を全て「全倍」に引き伸ばして展示することで、デジタルに無い、より階調豊かな表現を引き出しました。総会員45名のうち応募者23名の100数点の作品をプロの写真家の眼により厳選して頂き、全倍の写真を展示順番・展示場所を考慮して展示会場を気の休まる場所に作り上げました。皆様にご高覧頂ける事を楽しみにしています。

こどもとかめら写真展<br>「桜梅桃季」
  • スペース3

こどもとかめら写真展
「桜梅桃季」

こどもとかめら写真展「桜梅桃季写真展」はフォトグラファー今井しのぶとその門下生10人が贈る多彩な作品展です。春から毎月集まって作品撮りに励んできた中から、それぞれが2枚づつを出展しています。個性豊かな11人が捉えた瞬間は、まるで季節の風を感じるかのよう。それぞれの魅力と個性が存分に味わえる写真展となっています。ぜひ、この写真展でそれぞれの個性が光る感動の瞬間を見つけていただけたら嬉しいです。

2月9日(金)〜2月15日(木)

第20回 IPCC写真俱楽部展<br>おもいのままに “身近な風景から”
  • スペース1

第20回 IPCC写真俱楽部展
おもいのままに “身近な風景から”

一般財団法人工業所有権協力センター(IPCC)写真倶楽部は1999年に創設され、現役・OB・OG約80名を超える部員が活動しております。写真家 福田健太郎氏指導の下、会員の日頃の成果を「おもいのままに“身近な風景から”」と題して自由なテーマで第20回写真展を富士フォトギャラリー銀座にて開催いたします。各自の個性溢れる作品を是非ご覧ください。

We Love Train Vol.5<br>キャノンフォトクラブ れいるうぇいず写真展「おんど」
  • スペース2

We Love Train Vol.5
キャノンフォトクラブ れいるうぇいず写真展「おんど」

鉄道写真家山﨑友也が講師を務めているフォトクラブの写真展「れいるうぇいず」は単なる鉄道風景写真のフォトクラブではなく鉄道感のあるスナップ写真を撮影している集まりである。従って中には車両の写っていない鉄道写真もある。今回で5回目となる写真展だがテーマはなんと「おんど」暑さ、熱さ、寒さ、冷たさ、情熱、嫉妬…色々な「おんど」があるがそれを鉄道写真にどう結び付けているかが今回の見どころである。春夏秋冬、四季を通して撮りためた「おんど」の中から会員の様々な感性をスナップした作品が展示される。

XPL写真展 Vol.10
  • スペース3
  • スペース0

XPL写真展 Vol.10

XPLは2017年12月に写真が上手くなりたい方向けに始まった写真の実験室です。カメラの持ち方の講座からはじまり様々な講座にご参加頂いた皆様の作品を中心に 2019年8月にから始まり10回目の写真展を行うこととなりました。今、同時代に生きている「写真」を是非ごゆっくりとご覧いただければ幸いでございます。

2月16日(金)〜2月22日(木)

新井吾郎写真展<br>尾瀬 悠久の時を超えて
  • スペース1

新井吾郎写真展
尾瀬 悠久の時を超えて

幾世にもわたる自然の奇跡が生んだ地、 尾瀬。本写真展はそんな尾瀬を現代を生きるカメラマンのまなざしがとらえた軌跡です。是非会場まで足をお運びください。

Photo Exhibition The TONE<br>―僕たちが感じた、この世界―
  • スペース2

Photo Exhibition The TONE
―僕たちが感じた、この世界―

今、気分が高揚している。絶景と対峙し、溢れる興奮の中に残る微かな冷静さを頼りに私たちはシャッターを切ってきました。肌を刺す冷気、動物や自然が織りなす音、朝焼けと共に高まる体温までも写真に閉じ込めたい。SNSを通じて出会った私たち3人ですが、その場の空気感を意識して写真と向き合いたいという共通の想いがありました。展示作品は北海道から九州まで津々浦々。「実際に自分の目で見て感じてみたい。どこなんだろう。」と思っていただけるような写真を用意しました。ぜひご覧ください。
参加団体:The TONE : Atsushi Kaneko / みぞぐちつばさ / tackgraphy(たっく)

第14回 フォトクラブNAKARAI写真展
  • スペース3

第14回 フォトクラブNAKARAI写真展

大学のカルチャースクールの写真講座を受講した卒業生が中心となり立ち上げた写真クラブです。講座で学んだ写真の基礎知識を基に、風景・花・スナップ等、自分の興味のある被写体を探して撮影を行っています。活動は隔月に行う年6回の月例集会、随時行う撮影会、年1回の写真展等を行っています。

2月23日(金)〜2月29日(木)

第44回 三菱合同写真展
  • スペース1
  • スペース3

第44回 三菱合同写真展

本写真展は、三菱グループ協賛会社が合同で年に一度開催している催しとなります。1978年(昭和53年)に始まってから、第44回を迎えることができました。今回もこれはと思う力作を集めました。ご高覧の上、ご意見・ご感想など頂戴できましたら、今後の糧とさせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

3月1日(金)〜3月7日(木)

TKフォトクラブ 第13回写真展 四季の彩景
  • スペース1
  • スペース3

TKフォトクラブ 第13回写真展 四季の彩景

私ども「TKフォトクラブ」は、2009年4月に発足し14年目を迎えます。山岳写真家 菊池哲男氏の指導により山岳を中心とした自然風景を主に撮影しています。現在約30名の会員で活動し、月例会、年数回の撮影会、年1回の作品展等を開催しています。月例会では、個々人の日常の撮影活動や撮影会等での作品を持ち寄り、互選会を行うと共に菊池先生からの講評を受けております。

第14回 こだわり花クラブ写真展
  • スペース2

第14回 こだわり花クラブ写真展

こだわり花クラブ第14回写真展、~それぞれの花~
こだわり花クラブ、水曜教室と日曜教室の参加者がそれぞれに出会った花々と対峙して、その花に感じた魅力を一枚の写真に表現しました。半切サイズ、合計45点で展示します。身近にある様々な花の色や形、存在する状況を楽しんでいただければ幸いです。

3月8日(金)〜3月14日(木)

深川俊一郎写真展 根室本線・大地の軌跡
  • スペース1
  • スペース2
  • スペース3

深川俊一郎写真展 根室本線・大地の軌跡

厳しくも美しい北海道の大地を舞台に、光り輝く小さな列車がゆっくりと辿ってゆく… 根室本線は北海道中部の滝川から、東の果て根室に至る443.8㎞の幹線です。このうち新得~釧路は札幌から石勝線を経由して道東に向かう動脈ですが、滝川~新得は地域輸送のローカル線です。昨今JR単独で維持できない路線が話題になっていますが、大変残念なことに富良野~新得の81.7㎞は、2024年4月のバス転換が決定しました。この区間は根室本線の中でも森と湖と大地が織りなす繊細で美しい舞台であり、そこを辿る小さなローカル列車は北への旅愁を誘う魅力が溢れています。このかけがえのない光景を永遠の記憶として残し、伝えたいと思います。作品は全て6×6判のカラーリバーサルフィルムで撮影。緻密でありながら奥行きのある中判フィルムカメラでとらえた作品により、銀塩写真という文化の継承に貢献したいと思っております。

3月15日(金)〜3月21日(木)

ニッコールクラブ東銀座写游支部 第22回写真展
  • スペース1
  • スペース3

ニッコールクラブ東銀座写游支部 第22回写真展

写游支部の写真展は毎年開催し、今回で22回になります。本会では、月1度の例会を実施しています。毎回、会員が作品を持ち寄り、講師の山口先生の講評をいただきながら、すぐれた作品を選んでいます。選ばれた1年分の作品から、さらに厳選し、各会員2つの作品を写真展に出品しています。作品のテーマは「季節の移ろい」と「自由作品」です。「季節の移ろい」では風景写真はもとより季節を感じる日常のシーンなどがあります。また「自由作品」は会員の個性が生かされた作品になっています。1つ1つの作品が個性あふれたものになっています。ぜひお立ち寄りいただき、感想などお聞かせいただければ幸いです。また、本会では新しい会員の方を募集しています。興味のある方はお声掛けください。

3月22日(金)〜3月28日(木)

第二回 日本の流景展
  • スペース1
  • スペース3

第二回 日本の流景展

シャッター速度を通常より遅くし、動くもののスピード感を強調する撮影技法である流し撮り。単純に被写体を捉える撮影技術だけではなく、被写体の躍動感やその流れる背景の美しさはパンニングアートとして表現されます。流し撮りを世界に広めるべく「第二回 日本の流景展」は、NiSiフィルターJapan、GOOPASS、クリエイト協賛による「流景コンテスト」を併催。24名の流し撮りアーティストたちがその表現力を競います。

お問い合わせ

展示スケジュールなどについての不明点は、以下までお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

03-3538-9822

クリエイト銀座本店

受付時間
平日:10時30分~19時 /
土曜日:11時~17時
(年末年始・特定日を除く)

メールでのお問い合わせ