富士フォトギャラリー銀座 展示スケジュール

富士フォトギャラリー銀座の開場時間は、10時30分より19時。土・日・祝日11時より17時です。
なお、展示内容は予定が変更される場合もございます。詳しくはクリエイト銀座本店にお問い合わせください。
開催終了した展示会の情報はこちらでご覧になれます。
富士フォトギャラリー銀座 過去の写真展

ご来場のお客様へ

ご来場の皆さまの安心・安全の確保のために、下記事項についてご協力をお願いいたします。

・マスクの着用をお願いいたします。
・消毒スプレーをご用意しておりますので、手指の消毒をお願いいたします。
・発熱や風邪症状(くしゃみ、咳、悪寒など)のある方はご来場をお控えください。
・他のお客様との間隔を空けるようにお願いいたします。
・混雑時には入場を制限させていただくことがございますのでご了承ください。

3月26日(金)~4月1日(木)

大原嘉恵写真展 旅の匂い
  • スペース1

大原嘉恵写真展 旅の匂い

パリ、ニース、ニューヨーク、再訪の街を散策。ギャラリーを訪ね公園の帰り道やカフェでランチ、 夜の人波 など出会いの数々を撮りました。

小澤もと子写真展 「96のときめき」
  • スペース2

小澤もと子写真展 「96のときめき」

2016年、90歳を記念に初の個展を、翌2017年には富士フォトギャラリー銀座で二度目の個展を開催。年齢を重ねながらも写真に魅せられて、毎月の例会にも積極的に参加を続ける中、96歳となる今年、撮りためたここ数年の作品をまとめた3回目の個展を開催することとなりました。何にでも好奇心を持って撮影に夢中な96のときめきをご覧いただければと思います。

氏原正智 流し撮り写真展「THE MOVEMENT」
  • スペース3

氏原正智 流し撮り写真展「THE MOVEMENT」

自転車競技、モータースポーツなどの競技においてそのスピード感を演出する流し撮りという撮影技法にこだわり長年撮り溜めてきた写真、近年取り組み始めた白鳥の流し撮りを加えた作品群にて初個展を開催いたします。動く者たちの魂を一枚一枚の写真に凝縮したエモーショナルなムーヴメント、流し撮りアートの世界を是非ご堪能ください。

4月2日(金)~4月8日(木)

第12回NK-5写真同好会写真展「ときめき」
  • スペース1

第12回NK-5写真同好会写真展「ときめき」

私達は四季折々の風景等その一瞬を写真に収め、写真家の芳賀健二先生から指導を頂いているグループです。作品から少しでも「ときめいて」頂ければ幸いです。会員募集中です。お気軽にお声かけください。

あのときのひとこま〈第8回マンディ・フォトクラブ写真展〉
  • スペース2

あのときのひとこま〈第8回マンディ・フォトクラブ写真展〉

何でも撮ろうをモットーにレンズでチャレンジしています。今回の展示には風景・花のほかに難しい動的なものも入っています。

フォトクラブ彩「彩りの世界16」
  • スペース3

フォトクラブ彩「彩りの世界16」

フォトクラブ彩は今年も「彩の世界16」を開催致します。彩をテーマに自然の素晴らしさを求めて作品作りを目指しております。

4月9日(金)~4月15日(木)

芳賀健二写真展 じょんのび春秋-越後の早春と晩秋-
  • スペース1

芳賀健二写真展 じょんのび春秋-越後の早春と晩秋-

福島の田舎で育ったからでしょうか、四季折々の自然の中、山や川、田んぼなどで遊んだ記憶が、強く残っています。私にとってそこは懐かしく、ほっと落ち着ける時間と空間でした。写真を撮っていて、自然の風景が好きになったのも、小さい頃の、そんな体験があったからかもしれません。新潟県高柳町に「じょんのび村」という、宿泊と温泉の施設があり、ひょんな事からもう10年以上、撮影のたびに世話になっています。雪解けから木々の芽吹き、田植えの頃と、紅葉から初雪の晩秋にかけて行くことがほとんどです。周囲の棚田やブナ林、茅葺の集落など、写真の被写体には事欠きません。自然の美しさと人々の生活が、やさしく組み合わさったような様子が、なんとなく小さい頃の、田舎に帰った気分にもなります。いい温泉と、うまい酒や米があることも魅力です。何度通っても同じ景色はなく、いつも「一期一会」の出会いの面白さを感じています。刻々と変わりゆく自然風景、光、風、天候はもちろん、大地にしっかり足を付けながら淡々と生活する、現地の人々との出会いなどです。私自身の気持ちの原風景のようにも思える自然の中で、シャッターを押し続けた、無くしたくない、越後の早春と晩秋の光景です。

深川俊一郎写真展「一番町のねこ」
  • スペース2

深川俊一郎写真展「一番町のねこ」

ねこのいる街が好きだ。私が生まれ育った東京都千代田区一番町にもねこがいる。さりげなく、少し遠慮がちに、時には我が物顔に。もし街にねこがいなくなったら・・・そんな街は死んだも同然に寂しいと思う。カメラを提げて私も“縄張り”をゆく。一番町をはみ出して麹町や三番町、時には千鳥ヶ淵から九段の方まで歩く。私の縄張りで出会ったねこたちを、勝手に“一番町のねこ”とさせいただく。ねこのいる街はどこか温かい。

フォトクラブ彩「彩りの世界16」
  • スペース3

フォトクラブ彩「彩りの世界16」

フォトクラブ彩は今年も「彩の世界16」を開催致します。彩をテーマに自然の素晴らしさを求めて作品作りを目指しております。

4月16日(金)~4月22日(木)

芳賀健二写真展 じょんのび春秋-越後の早春と晩秋-
  • スペース1

芳賀健二写真展 じょんのび春秋-越後の早春と晩秋-

福島の田舎で育ったからでしょうか、四季折々の自然の中、山や川、田んぼなどで遊んだ記憶が、強く残っています。私にとってそこは懐かしく、ほっと落ち着ける時間と空間でした。写真を撮っていて、自然の風景が好きになったのも、小さい頃の、そんな体験があったからかもしれません。新潟県高柳町に「じょんのび村」という、宿泊と温泉の施設があり、ひょんな事からもう10年以上、撮影のたびに世話になっています。雪解けから木々の芽吹き、田植えの頃と、紅葉から初雪の晩秋にかけて行くことがほとんどです。周囲の棚田やブナ林、茅葺の集落など、写真の被写体には事欠きません。自然の美しさと人々の生活が、やさしく組み合わさったような様子が、なんとなく小さい頃の、田舎に帰った気分にもなります。いい温泉と、うまい酒や米があることも魅力です。何度通っても同じ景色はなく、いつも「一期一会」の出会いの面白さを感じています。刻々と変わりゆく自然風景、光、風、天候はもちろん、大地にしっかり足を付けながら淡々と生活する、現地の人々との出会いなどです。私自身の気持ちの原風景のようにも思える自然の中で、シャッターを押し続けた、無くしたくない、越後の早春と晩秋の光景です。

さくら倶楽部 第10回写真展「光彩の詩」
  • スペース2

さくら倶楽部 第10回写真展「光彩の詩」

15年前に秦達夫先生の教室で学んだ有志が、終了後も先生の指導を仰ぐべく立ち上げた「さくら倶楽部」です。その後も秦先生を慕う写真愛好家も加わり、風景写真の撮影に励んでまいりました。その成果を1年半毎に一度発表してきましたが、今回で記念すべき10回目を迎えました。全紙サイズによる風景写真の迫力を楽しんで頂ければ幸いです。

第2回徳田光弘写真展「海に魅せられて!!ワイドに夢中」
  • スペース3

第2回徳田光弘写真展「海に魅せられて!!ワイドに夢中」

私はダイビングを始めたころ、当時天才ガイドと言われる方にダイビングと写真撮影を教わりました、師匠には修正ソフトをたくさん使うと違和感のある作品になるのでなるべく使わない様にと指導を受けました。私も師匠の教えを守り合成写真を使わない修正ソフト使用をなるべく減らし活動を続けて行きたいと思います。撮影場所は小笠原、メキシコラパス、バハマ、インドネシアコモドなどです。見どころはサメや雄のアシカの近くで撮影した迫力ある作品と亀や小魚の可愛い姿です。皆様に楽しんでいただければ幸いです。

4月23日(金)~4月29日(木)

第23回はじめの一歩写真展
  • スペース1
  • スペース3

第23回はじめの一歩写真展

今年で23回目を迎えます『はじめの一歩写真展』は、講師、小川清美と30名の写真愛好家の展示会です。小川清美はスイスアルプスを撮り続けて30年になりますが、テーマである『移ろう季節スイスアルプス』の【雲】を中心とした作品を10点展示します。講師主催の撮影会に参加の30名の方々は、思い思いのテーマを自由に取り組んだ作品を展示いたします。初心者からベテランまで、楽しさいっぱいの写真展です。どうぞゆっくりとご覧ください。

Group F7+写真展「個の発露」
  • スペース2

Group F7+写真展「個の発露」

ニコンカレッジ講師の写真家・深澤武先生に指導を受ける6名のグループです。人の心を動かすような風景や心にある思いを呼び起こさせるような光景を、メンバーぞれぞれが独自のテーマと視点で切り取った情景 「個の発露」 をご覧いただければと思います。

4月30日(金)~5月6日(木)

  • スペース1
  • スペース3

小川ゆきよ個展

5月7日(金)~5月13日(木)

  • スペース1
  • スペース2
  • スペース3

富士フォトギャラリー銀座公募展 ~私の好きな思い出の場所~

人には、いつかまた行きたい、好きな場所、思い出の場所があります。そんなとっておきの『私の好きな思い出の場所』をテーマに募集した作品を展示いたします。ご来場のみなさまにも、行った気分、行きたくなる気持ちがきっと伝わることと思います。

5月14日(金)~5月20日(木)

落穂会写真展「刻のうつろい」
  • スペース1

落穂会写真展「刻のうつろい」

「落穂会」は十数年前にニコン塾(現ニコンカレッジ)で出会った仲間が集まって設立されました。当初より会の名称も含め芳賀健二先生にご指導を受けてまいりました。各メンバーは、それぞれの歩みの中で数多くの写真展に出展してきましたが、今回は「落穂会」としての最初の写真展となります。各メンバーの自由な発想のもと数枚ずつ選んだ“刻のうつろい”を展示いたします。

恩田修写真展 いつでも、そばに FLOWERS by my side
  • スペース2

恩田修写真展 いつでも、そばに FLOWERS by my side

  • スペース3

「一期一会」ニコン・ヤマケイ写真塾OB会写真展

5月21日(金)~5月27日(木)

  • スペース1

金子美智子写真教室

5月28日(金)~6月3日(木)

  • スペース1

下井草写真クラブ

第1回フォト游芳写真展「めぐりあい」
  • スペース2

第1回フォト游芳写真展「めぐりあい」

カメラを構えシャッターを押した瞬間過ぎ去ってしまう被写体。消滅した情景を再び手にすることはできません。一期一会の出会いを大切に撮りためた作品は私たちの現在の到達点。写真展のテーマは「めぐりあい」です。日本写真作家協会会員の芳賀健二先生にご指導いただき写真ライフの向上を目指す10名による写真展です。

  • スペース3

宇都光孝個展

お問い合わせ

展示スケジュールなどについての不明点は、以下までお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

03-3538-9822

クリエイト銀座本店

受付時間
平日:10時30分~19時 /
土曜日:11時~17時
(年末年始・特定日を除く)

メールでのお問い合わせ